売れゆき好調マンションを調査!

サイト内検索(by Google)
売れゆき好調マンションを調査!

売れゆきが好調

震災以降、マンションの販売件数が大幅に落ち込みました。
それが近頃は回復の傾向がみられるようになってきているのです。
地方都市ではマンションの建設件数自体が少ないことと、人口減少という要因もありそれほど大きく需要が高くなっているわけではありません。
しかし都心部では顕著にその伸び率が高くなっているのです。
前年度の同時期と比較しても5割以上増しの需要増という結果が出ているのです。
物件によっては販売と同時に完売、競争倍率が10倍以上になっている物件も出てきているのです。
その要因の一つが消費税の引き上げです。
あと半年もすれば消費税が現在よりも3%上がることがわかっていますのでその前に住宅を買っておいた方が得だと考えるからです。
たったの3%と思われるかもしれませんが、支払う金額が増大すればするほどにそれにかかるわずかな税金の差も大きな負担となるのです。
それなら少しでも税金が安いうちに買っておけば住宅ローン等の負担を軽減できると考えるのだと思います。
経済が回復しているからという理由も考えられます。
政府による経済政策により少しずつ経済状況が改善されていると言われています。
しかしながらそれはごく一部に限られており、地方ではそのような実感を感じられないという意見が大半です。
都心部の一部のその恩恵を受けた方がマンション購入に踏み切っているのだと考えられます。
東京での五輪開催決定もマンション購入を後押しする要因となっているのです。
つい最近2020年の五輪が東京で開催されることが決まりました。
それにより選手村が建設予定の地域へのマンション購入希望者が殺到したのだそうです。
五輪が開催決定が決まり、その近辺の開発も進むことから利便性が高い地域になるだろうと判断されたからです。
今後もしばらくはマンションの売れ行きが好調な状態が続くかもしれません。
今後もしばらくは建設ラッシュがしばらく続くと思います。
できるだけ良いマンションを探すためにも情報収集をきっちりと行いましょう。
お役立ち情報

Copyright (C)2016売れゆき好調マンションを調査!.All rights reserved.