売れゆき好調マンションを調査!

サイト内検索(by Google)
売れゆき好調マンションを調査!

高級物件も人気

都心やその近郊ではマンションの売れ行きが大幅に伸びています。
マンションの価格帯も幅があります。
そこで気になるのがどのくらいの価格帯のマンションが最も多く売れているのかです。
最も多いのが5000万円前後の物件です。
もちろん皆さん自分が生活するためのマンションとして購入されている方が大半なのです。
ところが物件の販売価格が1億円以上もする億ションと呼ばれるマンションの人気も高くなってきているのです。
つい先日も都心で販売された億ションが販売と同時に完売したのだそうです。
高級物件ですからもちろん内装も豪華です。
リビングだけでも30畳以上広さがあったり、その他の豪華設備もついているのです。
このような億ションは一体だれが購入しているのでしょうか。
日本人の富裕層だけがそれを購入しているのではありません。
外国人の投資家も高級マンションに目をつけてそれを購入する動きが目立ってきているのです。
購入目的は居住用としてだけではありません。
投資用として億ションを購入される方がここ最近増えてきているのです。
なぜ投資用としてしかも億単位のマンションン購入率が増えているのでしょうか。
マンションを賃貸してそれによる収入を得るのが投資としての主な使い方です。
しかしそれだけでは安定した収入を得ることが出来ません。
投資として購入するときは何十年も先の状況を見越して購入しなければならないのです。
不動産は年数がたつと建物自体が劣化してくるのでそれによりその資産価値が下がります。
そしてそれがもしも土地価格が下落している地域に建てられている場合は、土地の価値も期待できず転売の際にも得られる利益が少なくなってしまいます。
いわゆる億ションとして販売されている地域というのは今後周りの土地価格が下落したとしても大幅下落がない地域だと言われているのです。
よってマンションの価値自体が下がったとしても土地の価値は下落しないので、投資用として持っていればある程度の利益をそこから得ることができるのです。
お役立ち情報

Copyright (C)2017売れゆき好調マンションを調査!.All rights reserved.