売れゆき好調マンションを調査!

サイト内検索(by Google)
売れゆき好調マンションを調査!

状況を把握する

地方よりも都心部やその近郊のほうがマンションの数が圧倒的に多くあります。
それは住宅用として使える土地の広さが異なるからです。
いずれはマンションの購入を考えているならばその状況について知っておくと購入時に役立つかと思います。
マンションを買う割合が高いのは圧倒的に地方ではなく都心部に住んでいる方です。
その件数が最も多い東京都の状況について詳しく見ていきましょう。
マンションを購入するなら都内でと考えている方も多いと考えられます。
まず件数についてみていきましょう。
東京に関してはその建設件数が2000年以降急増しています。
その後震災により一時期件数が低下したもののそれでも毎年約5万戸の建設がすすめられている状況なのです。
それも地域によって差があります。
区によっては戸建てよりもマンションの割合が高い地域があるのです。
世田谷区もマンションの割合が増えています。
また豊洲、晴海などの埋め立て地域にも大型マンションの建設が相次いでいますので江東区もマンションの割合が高まっている地域です。
これだけマンションが建設されたことにより都心の人口も増加しています。
今までは都心に家を構えることは予算的に無理だった方でも手に入れられる値段でマンションが販売されるようになったからです。
それによりマンションに移り住む方も増加しました。
その結果東京都に関しては4世帯に1世帯がマンション暮らしをしているのです。
分譲マンションの状況も変わってきています。
最近都内に建設されるマンションは低層ではなく高層の建物が増加しているのです。
タワーマンションの増加がここ数年顕著になっています。
そのほうがより多くの住民が生活できるため都心のような土地が狭い地域に建てるには合理的なのかもしれません。
一戸当たりの専有面積の平均値はどのくらいあるのでしょうか。
家族でマンションに移り住む場合は、ある程度の広さがあったほうが望ましいですよね。
マンションによって専有面積が異なりますが平均は70前後の物件が最も多く売れているようです。
間取りで言うと2〜3LDKの物件です。
都内のマンションの平均価格はどのくらいなのでしょうか。
都内の場合は億以上の高級物件からリーズナブルな物件まで多様にそろっていますが平均は5000万円ほどです。
お役立ち情報

Copyright (C)2017売れゆき好調マンションを調査!.All rights reserved.