売れゆき好調マンションを調査!

サイト内検索(by Google)
売れゆき好調マンションを調査!

コンパクト化している

環境に配慮してエコなマンションの人気が高まっています。
マンションに公園が隣接していたり、敷地内に植樹林が多く見られたりと緑豊かな環境が整っている物件も人気があります。
また設備に関してもエコなマンションが増えています。
床暖房が付いているマンションもみられるようになってきました。
床暖房といえば一軒屋でしかつけられなかった設備なのですがそれが分譲マンションにもつけられるようになってきたのです。
また窓も気密性が高いタイプにすることで冷暖房効率を向上しているのです。
そのようにエコな設備が充実しているマンションも増えているのですが、エコブームによって一戸当たりの専有面積もコンパクトサイズが人気となってきているのです。
少し前までは家族でマンションに住むならその人数に合わせて広めの面積の部屋を希望する方が多かったのです。
また収納も大型のウォークインクローゼットが取り付けられていたりと収納スペースが大きいマンションが好まれていたのです。
その部屋に住む家族の人数が大幅に減少したわけではないのになぜ専有面積が小さいマンションの需要が高まってきたのでしょうか。
ひとつは設計技術の向上です。
それにより占有面積が例え小さくても狭く見えないように設計することが可能になったからです。
価格も関係しています。
長引く不況、そして不安定な雇用状況を考えると住宅に多額の費用をかけられないと考える方が増えたからです。
エコブームによりシンプルな生活を望む方が増えたのも要因となっています。
今までは必要以上に洋服や物を持っていたのでそれを収納するスペースが多く必要だったのです。
しかし本当に必要な物だけを厳選して持つというシンプルな生活スタイルが注目を浴びるようになり、今までのような広い収納スペースが必要なくなってきたのです。
よって収納に関しても以前より大型の収納を持たない物件も増えたのです。
収納も今まで主流だった大型のウォークインクローゼットではなく壁の収納が多く取り入れられるようになっているのです。
お役立ち情報

Copyright (C)2017売れゆき好調マンションを調査!.All rights reserved.